占いで見る星の巡りと生まれ持った運命

宿命は変えられないが運命は変えられるという言葉をよく聞きます。占いではどう違うのか説明したいと思います。

占いで見る星の巡りと生まれ持った運命

運命と占いで見る星の巡り

運命は変えられるけど宿命は変えられないという言葉はよく聞きますね。一時期占いも叩かれまくっていたことがありますが、それは占いをよく知らない人だと思います。
デイリー占いはごく一部を無理やり相対的に見ているものですので、なかなか当たりにくいというのが本当のところでしょう。本気で学ぶと意外に哲学で、奥が深くそして人の宿命まで見えてしまうので怖いものです。
では運命と宿命はどう違うのかということをお話ししたいと思います。
生まれてから自分が持っている星、そして年ごとに回ってくる星というのは変えようがないのでこれは宿命になります。
その宿命を知って、悪い星が巡ってくるときはなんとか悪いことが起こらないように回避してみようか、と対策や行動に出るのが運命になります。
行動のしかたは様々ですが、その仕方が適切かどうか、というのも重要になってきて、ある意味運を天に任せるところまります。
だから運命は行動次第で変えられるというわけです。

とはいっても個人が行動するのにも限界がありますので、なかなか難しいところですね。宿命を見てしまうと怖いなと思うところもあるのですが、若いうちはよほどのことがない限りは、回避できることもしばしばあります。
自分でも、自分の宿命を見ているとこれで本当によく生きていたなというくらい星回りが悪いのですが、若かったのでなんとか乗り越えることができたのだと思います。
年齢で乗り越えられるか乗り越えられないかの差も少し出てくると思います。
ただ、適切な時期に適切な星が回ってくる人もいるので、それはとてもラッキーです。
例えば結婚運にしても、当たらないという人は、星の生かしかたを知らないだけなんですね。結婚適齢期にそういう星が回ってくる人は細心の注意を払ってチャンスを逃さないようにしましょう。また、結婚だけではなく出産、転職、起業するのにいい時期というのもありますので、一度本格的な占いで、自分がどのような星を持っているのか把握することも必要だと思います。

注目のキーワード

Copyright (C)2014占いで見る星の巡りと生まれ持った運命.All rights reserved.